うめだファティリティークリニック

医療安全対策室の山本です

 

 

普段の業務やコロナウイルス対策で更新が1週間ぶりとなってしまいました

このブログでは珍しいことでしたね

 

さて

先日「マスクについて考えてみましょう」の記事で

マスクに予防効果は薄いという旨を書いたところ

クリニック内から幾分ご意見を頂きましたので追記いたします

 

1、飛沫感染を防ぐ意味では有効?

記事にもあるように飛沫感染を防ぐには一定の効果があるとは考えられています

しかしウイルスは市販のマスクであれば通り抜けてしまうのでので

飛沫がかかったと思ったら交換する必要があります

また、ウイルスは目や鼻からも感染するので

マスクをつけたからといって安心とも言えません

 

マスクを外す際はマスクの布部分には触れずに外してください

ウイルスが点いている可能性があります

 

マスクについてNHKからも官公庁の見解をまとめたニュース記事を出しています

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200207/k10012277301000.html

 

 

2、マスクの効果が薄いのであれば付けなくてもよい?

個人的な見解が含まれますが

マスクの在庫が一定数あり

ヒトと接近するのであれば

飛沫感染予防の為

付けた方がいいかと思います

しかしそうでない場合やマスクの在庫が少ない場合は

実際に咳が出た時の事を考えて節約したほうがいいと思います

 

3、電車に乗ってマスクなしで咳込むと視線が痛い

ごもっともだと思います

今でこそ新型コロナウイルスが大きく話題に挙がっていますが

今までもインフルエンザなどはあったわけですから

隣でゴホゴホされるのは困ったものです

そうならないためにも

マスクは一定数確保しておき

実際に咳が出るようになった時は付けましょう