うめだファティリティークリニック

培養士の山本です

 

ここ最近当院への胚移送が相次いでおりますので

以前にも書いたように思いますが

再度胚移送用タンク「ドライシッパー」をご紹介しておこうかと思います

胚や精子をクリニック間で移送する場合

適正な温度(-196度)を維持せず途中で温度が上がってしまうようなことがあれば

細胞が死んでしまったりダメージを負ってしまったりします

 

そこで、移送の際は温度をキープして持ち運びができる胚移送用の小型タンク「ドライシッパー」を使用します

 IMG_3583 IMG_3584

クリニックさんによって容器の形状や貸し出し料金、移送手段が異なりますので

移送の際は医師や培養士との打ち合わせが必要です

 

料金について

当院の場合当日返却であれば原則無料で貸し出ししております

大阪市内を含む近隣からの移送は1日あれば問題ないかと思いますが

遠方で何日かかる場合は別途お申し出下さい

 

宅配便のご利用について

他院さんの容器の受け入れに関しては問題ないのですが

当院所有の容器を宅配便でお送りする事は

容器破損の恐れがありますのでお受けしておりません

 

移動手段について

ドライシッパー内は液体窒素で満たされています

立てて置いていれば通常漏れることはありませんが

液体窒素は触れると凍傷の恐れがあります

トラブルを避けるために公共交通機関はご利用いただかずに

お車もしくは徒歩での移動をお願いいたします

公共交通機関によっては刃物などに並び

大々的に持ち込み禁止の掲示がされている所もございます

 

上記3点はあくまで当院の容器ご利用の際の決まりですので

クリニックさんによって異なります

移送先のタンクを利用するか、移送元のタンクを利用するか

移送の際は詳細をご確認いただきお選びいただければと思います

 

余談ですが

過去に凍結細胞専門の移送業者さんを通じて移送されてきた事があります

色々なサービスがありますね

その方は海外からの胚移送でした