米国では、アンチエイジングではなく、リバースエイジング(いわゆる若返り)が注目されています。
近年、卵巣機能を“若返り”させるために、サプリメントと有酸素運動が欠かせないと考えられています。


2014年に藤江らが、週3日1日45分有酸素運動で、動脈硬化が改善し、血管拡張作用のある一酸化窒素(NO)産生が増加すると報告しました。
有酸素運動は血管拡張により骨盤血流を改善し、その結果、卵巣血流の増大と卵巣機能の回復が期待されます。


また、有酸素運動により、リパーゼが分泌され、脂肪分解が行われます。
リズミックボクシング®いわゆるオリジナルエクササイズは有酸素運動として科学的に考えられたエクササイズであり、一酸化窒素(NO)とリパーゼ分泌効果が高く、血流促進と脂肪分解を効率よく行うことができます。


今後当院でも、サプリメントとオリジナルエクササイズで卵巣機能の“若返り”目指そうと考えています。

rhythbox