うめだファティリティークリニック

培養士の山本です

 

先日

早いものでブログ開設から2年と書きましたが

2年、あっという間でした

それにしてもなぜ年を取ると時間が経つのが早く感じるのか

完全に余談ですが今日はその話についてです

 

培養室でも「あれからもう○年も経ったのか…」

「もう年末か…」

と、しばしば時間が経つのが早いという話が出てきます

 

その理由として

19世紀にポールジャネという哲学者が提唱した

「年齢に対する経過時間の割合が低くなると1年が早く感じる」

というジャネーの法則なるものがあります

なぜ「ジャネ」が考案したのに「ジャネー」の法則なのかが気になりますが

それはまぁわからないので置いとくとして

 

要するに

10歳の1年とは今まで生きてきた年数の10分の1の時間ですが

40歳の1年とは今まで生きてきた年数の40分の1の時間

生きてきた時間に対する割合が低くなるから体感時間として短く感じる

と言うものです

 

1年という時間は誰にとっても1年の長さであり

人にもよるのではないかとも思いますが

これは心理学の、あくまで体感時間の話なので

「体感でそう感じやすいんだよ」くらいのニュアンスで聞くと

なんとなくそうなのかなとも思います

 

ジャネーの法則ではさらに

20歳から80歳くらいまでの期間は

0歳から20歳までの体感時間と同じとしています

 

ジャネは恐ろしいことを言いますね 

 

 

他にも

年を取るにつれて新鮮な経験が少なくなるため

早く感じるというともいわれています

 

個人的には

過ぎた時間を漠然と思い返すから

あっという間に過ぎたように感じるのではないかとも思います

もう少し個々の出来事をしっかり思い返せば

同じ過ぎた時間でももう少し長かったと感じられるかもしれませんね

 

 

 

2019年もあと4か月で終わります

1年って本当に早いものですね